【打倒DHTじゃ!】イクオスは3つの作用でAGAに対抗するんじゃあ!

薄毛の大半はAGA(男性型脱毛症)だといわれます。年齢とともに、前頭部がハゲ上がったり頭頂部が透けてきたり。

このAGAに悩む人をイクオスが救います。3つの作用でAGAの元凶・DHTを徹底的に抑制して薄毛を改善!その優れた対応力を紹介しますね。

そもそもAGAって何なの?発症メカニズムを解説するよ

AGAという脱毛症は、男性ホルモンから作られるDHT(ジヒドロテストステロン)が引き起こす病気です。

DHTは5αリダクターゼという酵素によって作られます。そのDHTには毛根にある毛乳頭で、TGF-βやFGF-5というタンパク質(脱毛指令因子)を増やす働きがあります。

TGF-βは毛母細胞の増殖を抑え、FGF-5は脱毛を促し、成長期にある髪を退行・休止期に強制移行。その結果としてAGAによる脱毛が起こるのです。

DHTとは、もともと胎児期に男性器を発育させたり、体毛を生やしたりといった役割を持つ強力な男性ホルモン。

でも、成人男性の頭皮では、脱毛を起こす悪玉として活躍します。そして、AGAを起こしてしまうのです。

では、本題のイクオスの作用にいきますね。

イクオスにAGAの改善が期待できる3つの作用はコレ!

AGAが起こるのは、ひとえにDHTのせいなんです。薄毛を起こす元凶であるDHTの影響を排除すれば、AGAは起こらないはず。

そこでイクオスの出番です。イクオスはDHTに対して3通りの方法を使って対抗します。複合的に抑制するので、AGAの改善効果への期待も大きくなるというもの。

イクオスによる、効果的な3つのDHT抑制作用を紹介していきます。

DHT抑制その①5αリダクターゼを働かせない

まず、正攻法ともいえる、5αリダクターゼの働きを阻害する作用です。DHTは、酵素の5αリダクターゼが男性ホルモンを変成して作られます。

この酵素を働けなくすれば、DHTを作ることはできませんよね。

そこで、イクオスには5αリダクターゼの作用をブロックする成分を配合。オウゴンエキス、ダイズエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液という5つの成分です。

一つの作用に5種類もの成分を充てられるのも、配合成分数が多いから。全部で61種類の育毛成分を配合する、イクオスならではのぜいたくさです。

5αリダクターゼの抑制には定評のある成分5種類で、DHTを作らせないように酵素の作用をガッチリとブロックします。

DHT抑制その②DHTが増やす脱毛因子を働かせない

DHTの生成を完全に止めることは、現状ではまだ無理なんです。でも、できてしまったDHTが増やす脱毛因子を抑えれば、DHTの影響は排除できますね。

脱毛因子のTGF-βやFGF-5の働きを止める成分が、イクオスには8種類も配合されています。

クワエキス、シャクヤクエキスなど、8種類の植物エキスが脱毛因子の働きを阻害します。これだけの成分を集めた阻害作用は、かなり強力なものなんです。

イクオスのDHT抑制には、5αリダクターゼ抑制と、脱毛因子の阻害。

この2つの違った作用で対応します。多くの育毛剤では5αリダクターゼ抑制だけの対応が多いんですが、イクオスはダブルブロック。

成分も合わせて13種類が投入されていて、イクオスが重点的にDHTに向き合う姿勢がうかがえます。

でも、これで全部じゃありません。3つ目があります。

DHT抑制その③イクオスサプリEXもAGAに対抗

イクオスには、育毛サプリのイクオスサプリEXがあります。このサプリにも、AGAに対抗する成分が配合されているんです。

その成分は、ノコギリヤシとイソフラボン、フィーバーフューなど。

ノコギリヤシはDHT抑制効果が実証済

ノコギリヤシエキスは、5αリダクターゼを抑制する成分。育毛サプリには必須的な扱いで、イクオスサプリにももちろん配合されています。

その効果を検証した、実証試験の一つを紹介しましょう。

ノコギリヤシとフィナステリドの比較試験で、2年間の連続投与後に薄毛の改善度を評価しました。

結果は、フィナステリドが68%の人に改善が確認されたのに対し、ノコギリヤシでは38%の人に改善が見られました。
出典元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

フィナステリドの半分強の改善率ですが、比較相手は強力な医薬品。それを考えると、植物エキスの効果としては十分評価できる結果でしょう。

イソフラボンのDHT抑制効果も確認済

イソフラボンにも、5αリダクターゼを阻害してDHTの生成を抑制する作用があります。これがノコギリヤシ同様、イクオスサプリにも使われているんです。

こちらも世界各地で作用の検証試験が行われています。

例えば、大豆イソフラボンのサプリメントを、3ヵ月間連続して摂取。その結果、血清中のDHT濃度が下がっていることが確認されました。
出典元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2834330/

同じような内容の実験がカナダや韓国でも行なわれているし、国立ガン研究所の論文中にも、大豆イソフラボンでDHTの濃度が下がるという記述があります。
出典元:http://www.hairloss-research.org/Linksoyisoflavoneslowerserumdht11-08.html

DHTを減らす作用が確認されたイソフラボンは、イクオスサプリにはダイズエキスの形でたっぷり配合されています。

フィーバーフューにもDHT抑制作用が

イクオスサプリEXに配合されるフィーバーフュー(ナツシロギク)にも、DHTの生成を抑える作用が望めます。

有効なのは、フィーバーフューに含まれるパルテノライド。NF-kBというタンパク質の増加を抑えることが、DHTの抑制につながっているようです。

5αリダクターゼの抑制とは違ったアプローチなので、効果の出方もより大きくなることが期待されますね。

イクオスサプリEXには配合量が表示

イクオスサプリEXは成分配合量が公表されています。成分数だけでは効果の有無は判断できないので、これは信頼性に直結する重要な要素なのです。

例えばノコギリヤシは300㎎、イソフラボンを含む大豆エキスは100㎎など、どの育毛サプリにも負けない量を配合。

成分数、配合量とも育毛サプリではトップクラス。AGA(DHT抑制)対応機能には期待してよさそうですね。

イクオスとイクオスサプリEXによるAGA改善作用をまとめると、

  • DHTを作る5αリダクターゼの働きを抑制
  • DHTが増やす脱毛因子の働きを抑制
  • イクオスサプリEXで体の中からDHT抑制
この3つの作用でAGAに対応するんです。これって相当強力なAGA(DHT抑制)対策だと思いませんか?

まとめ

イクオス育毛剤のAGA(DHT抑制)対策はかなりな効果が期待できます。何といっても強力な2重のブロック体制ですからね。

これで他の育毛剤以上の効果が期待できますが、イクオスサプリEXのAGA対応力もなかなかのもの。セットで使えば間違いなく効果はアップするでしょう。

値段もセットが格段にお得なことだし、実際に使う場面では、イクオス&イクオスサプリEX以外は現実的じゃありませんね。