【2019年版】イクオスとポリピュアEXのメリット&デメリットを公開比較!

ロングセラー育毛剤のポリピュアEXに、バイオパップスと呼ばれる新成分が追加、さらに有効成分や育毛成分も増えました。

成分増強でパワーアップしたポリピュアEXは、イクオスにとって脅威的?どう進化したのか、改めて徹底比較していきます。

ポリピュアEXの成分増強でもイクオス優位は変わらない

ポリピュアEXの全成分は、水まで入れても20種類。もちろんバイオパップスやビタミンなどを追加した後の数字です。

対するイクオスは70種類なので、ポリピュアはその3分の1弱しかありません。まだまだ力及ばずってところですね。

育毛剤の成分数は効果を判断する大事な要素

成分の種類数で、どうして育毛剤の優劣が決まるのか、って思うでしょう?それは、薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)だけじゃないから。

生活習慣とかストレス、頭皮の健康状態なども薄毛の原因になり、そういった原因が絡み合っていることが普通なんです。

これに対処するには、違った作用を持つ多くの成分が必要になります。

少ない成分では、例えば、髪が生えた端から毛が抜けていくといったことにも。満足できる効果が得られない可能性が多くなるのです。

イクオスの成分数70種類の内容はどう?

イクオスは全成分が70種類で、トップではありませんが、トップクラスではあります。ただ数だけ多くても、似たものばかりでは薄毛の改善は無理ですが、イクオスはそうではありません。

AGAの元凶・DHT対策成分に始まり、髪の成長促進、頭皮の環境改善から栄養補給に至るまで、薄毛の改善に役立つ成分はほぼ網羅されています。

多くの成分がバランスよく配合されているので、効率よく薄毛に対処できるんです。

ポリピュアEXの成分は少数精鋭主義?

ポリピュアEXの総成分数は20種類。

育毛、脱毛予防、頭皮の改善など、ひと通りの薄毛対策作用はあるものの、各作用に充てられる成分は限られます。総数が少ないですからねぇ。

成分数が多いイクオスと比べると、やはり効果はイクオスに及ばない可能性が大きいかも…。

注目のバイオポリリン酸とバイオパップスの効果とは?

興味をそそるのがメイン成分のバイオポリリン酸、新成分のバイオパップスですね。どちらも酵母エキスという成分名で配合されます。

期待できる作用は、バイオポリリン酸が毛根部の活性化、バイオパップスは髪の成長サイクル正常化とされています。

髪の成長作用を持つ成分2つが主成分ということで、ポリピュアEXは毛の成長に重点が置かれている育毛剤なのです。

AGAを強力に抑制できるのはイクオス?ポリピュアEX?

薄毛の原因はいろいろでも、最大の難物はやっぱりAGA。別名壮年性脱毛症で、これに悩まされる男性は50代で40%を超えるといわれます。

生え際や頭頂部が薄くなるのが特徴で、放置するとどんどん進行します。なので、早いうちに育毛剤で対処するのが、最も効果的で経済的なのです。

AGAに対応できる成分はいくつある?

そこで、イクオスとポリピュアEXのAGA改善成分を見ると、次の通りです。

ポリピュアEX イクオス
ヒオウギ抽出液 ヒオウギ抽出液
ビワ葉エキス
大豆エキス
クララエキス
オウゴンエキス
クワエキス
シャクヤクエキス
キズタエキス
ゴボウエキス
カミツレエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス
ボタンエキス

ポリピュアEXは、ヒオウギ抽出液だけ。非常に心細いAGA対策に対し、イクオスは13種類あります。

そのうち、AGAの原因ホルモン・DHTの生成を抑えるのがヒオウギエキス以下5種類。DHTが出す脱毛因子を抑えるのがクワエキス以下8種類の成分。

2つの育毛剤のAGA対応力には、これほど圧倒的な違いがあります。成分数が多いイクオスは、これほど多くの成分をDHT対策だけに振り向けられるんです。

1種類対13種類の効果については言うまでもないでしょう。そして、その他の育毛作用全般についても、ここから推察できる通りです。

ところで、イクオス、ポリピュアとも育毛サプリがあります。

育毛サプリ比較・イクオスサプリが成分数・量とも圧倒的!

イクオスにはイクオスサプリEX、ポリピュアにはポリリンパワーEXという育毛サプリが用意され、育毛剤との協調作用による効果アップが望めます。

その違いを成分数、配合量で比較してみましょう。

イクオスサプリEXとポリリンパワーEX・成分数はどっち?

まず、イクオスサプリEXの成分配合量は46種類。この数は業界トップとされ、デビュー以来この地位を継続中です。

そしてポリリンパワーEXのほうは19種類で、イクオスサプリの半分にも満たない量です。

圧倒的な差があるんですが、育毛サプリの成分量って普通どれぐらいなのかというと、こんなところ。

イクオスサプリEX 46種類
ポリリンパワーEX 19種類
チャップアップサプリ 23種類
ブブカサプリ 27種類
ボストン 27種類
フェルサ 23種類
ぐんぐん 25種類

20~30種類の間に集中していますね。ポリリンパワーは多くはないけれど極端に少ないとまではいえず、むしろイクオスサプリが飛び抜けて多いんです。

イクオスサプリEXは、成分数で育毛サプリすべてを圧倒する存在でした。

イクオスサプリEXとポリリンパワーEX・配合量はどっち?

サプリの成分は数だけでは片手落ち。効果が出る量が確保されているかが大事な要素です。

イクオスサプリEX ポリリンパワーEX
成分数 46種類 19種類
ノコギリヤシ 300mg 非公開
亜鉛 12mg 非公開
イソフラボン 100mg 非公開
コラーゲンペプチド 100mg 配合なし
ミレットエキス 150mg 配合なし
イチョウ葉エキス 10mg 配合なし
ヒハツエキス 5mg 配合なし

比較してみると、イクオスサプリEXのほうは十分な量が配合されていることがわかります。

例えばノコギリヤシは300㎎で、この量は実証試験で効果が確認された量の320㎎とほぼ同じ。亜鉛は成人男性の1日当り摂取推奨量10㎎を上回ります。

そして、ポリリンパワーのほうは、成分量非公開。配合なしも目立ちます。

成分量非公開は「もしかして少量で効果はないのかも」と疑われかねず、会社の姿勢自体がいい評価を得られないでしょう。

サプリでの比較も、イクオスの圧勝でした。

次は値段で比較します。

定期購入で安いのはイクオス?ポリピュアEXのどっち?

育毛剤は少なくとも3ヵ月以上は続けないと効果は現れません。半年・1年は普通に使われるものなのです。

だったら、値段が安くて毎月自動的に届けられる定期コースが便利でお得。比較も定期コースでやってみましょう。

イクオス ポリピュアEX
単品(送料込み) 10,328円 8,450円
1本定期 6,458円 6,800円
サプリ付き定期 7.538円 8.800円

育毛剤を1本だけ買った場合は、イクオスがかなり高いですね。約2千円も差があります。

これが定期コースになると一気に下がります。イクオスは約4千円下がって6,458円になり、ポリピュアは千円+送料が安くなるだけで6,800円。

定期で買ってお得な気持ちが大きいのはイクオスでしょう。イクオスが安いし下がり方が大きいですもんね。

サプリ付き定期の値段はイクオスが+千円と税、ポリピュアは+2千円なので、イクオスのお得感がさらに拡大してしまいます。

定期購入でもイクオスの優位は決定的。成分の差も考えたコストパフォーマンスでは、イクオスが圧勝といっていいでしょう。

イクオスが優位な場面が多いんですが、そこにはいつも、イクオスサプリが。

イクオスがオススメなのはイクオスサプリEXの魅力が大

イクオスを他の育毛剤と比較する場合、イクオスサプリEXを抜きにしては語れないほど魅力的なサプリ。

イクオス自体も決して貧弱な育毛剤ではありませんが、イクオスサプリとセットになると、1+1=2以上の力を発揮します。

その価値を表すには、優秀な育毛サプリとして定評があるボストンと比べるとよく分かります

イクオスサプリEX ボストン
成分数 46種類 27種類
ノコギリヤシ 300mg 300mg
亜鉛 12mg 4mg
イソフラボン 100mg 20mg
コラーゲンペプチド 100mg 100mg
ミレットエキス 150mg 5mg
イチョウ葉エキス 10mg 10mg
ヒハツエキス 5mg 5mg

成分数も違いますが、配合量を見ても、イクオスサプリはボストンと同じかそれ以上。ボストンがイクオスサプリを超える部分はありません。

成分の中身でも、ボストンが持たないガニアシ、カプサイシンを始め、アミノ酸やビタミン類でも圧倒的な差があります。

イクオスサプリEXは、ボストンよりワンランク上の育毛剤といっても過言ではないでしょう。

まとめ

ポリピュアEXは、バイオポリリン酸に加えて新成分バイオパップスを投入。それでイクオスとの力関係がどう変わったのかを比較検証しました。

ポリピュアEXは新成分投入後も成分数に大差なく、薄毛への対応も総合力を持つイクオスには及びません。何といってもAGA対策の手薄さが目立ちます。

そして、サプリの違いもありました。イクオスサプリがあらゆる面でポリリンパワーEXを圧倒。イクオスサプリの評価はボストンより高く、仕方ない面もありますけどね。

また、コスパでは、育毛剤単体でもサプリ込みでも、ポリピュアには勝ち目がありません。

現状でのオススメは、イクオス&サプリのイチ押しに決まりです。

↓↓公式サイトで買うと嬉しい特典付き↓↓