【2019年新版】イクオスとブブカゼロを比較検証!良いも悪いも全部書く!

ブブカがリニューアル、名前をブブカゼロに変え、成分数を104まで増やしました。

育毛剤では成分数トップクラスといわれた、チャップアップやイクオスを一気に引き離したのです。

そうすると、イクオスとの関係はどう変わるのか、改めて全部比較しなおします。

イクオスは成分数が増えたブブカゼロに勝ち目はない?

イクオスの全成分は70種類。これに対してブブカゼロは104種類に増えています。約30%も差がついたのですが、これはいったいどんな意味をもつのでしょう。

配合成分数の違いはブブカゼロが有利になる!

配合成分の数が、育毛剤の能力に影響するのは間違いありません。多い方が有利というのは、一般論として正しいことなのです。

薄毛になる原因は、よく知られたAGA(男性型脱毛症)だけではありません。
ストレスによる血行不良、偏った食生活やヘアケアの影響など、さまざまな原因が関わります。

成分の種類が多いと作用が増え、いろいろな種類の原因にも対処が可能に。そして、一つの原因に投入できる成分数も多くでき、効果への期待も大きくなるんです。

ブブカゼロが104種類もの成分を配合したのは、こういったメリットを追求しようとする目的なんでしょうね。

イクオスの成分の多くはブブカゼロにも配合されている

ブブカゼロの成分数は104種類もありますが、中身はどうなんでしょう。数ばっかり多くてもね…というのが正直なところ。

イクオスと比較してみます。AGAの原因ホルモン・DHTの対応では、DHTが作り出す脱毛因子を抑える成分がイクオスには8種類。これは、ブブカゼロにも全部が配合されます。

もう一つ、DHTそのものの生成を抑える成分は、イクオス5種類のうち3種類までがブブカにも配合されています。

さらに、有効成分のセンブリエキス(血行促進)、グリチルリチン酸2K(抗炎症)といった成分も同じように配合。

ブブカは後発の強みを発揮して、イクオスの成分を徹底的にマークしました。ブブカゼロにほぼ取り込まれ、さらに30種類の差をつけられる結果になったのです。

主成分の違いはどうなの?

イクオスの主成分は独自開発のAlgas-2。この成分は、ブブカの主成分でもある海藻エキスのM-034が基礎になり、これにペルベチアカナリクラタという海藻を加えたもの。

毛根部の組織を活性化することが期待できる成分で、M-034を強化した成分ととらえられます。

そして、ブブカゼロのほうは、M-034の量を一挙に10倍にしました。基礎は同じM-034ですが、イクオスの質の改良に対して量を大幅に増やします。

すごく挑戦的ですが、これにはイクオスも対応が難しいですね。成分数で大差がつけられ主成分でも押され、ブブカゼロが優位に立ちました。

でも、まだサプリメントという比較材料が残っています。

ブブカサプリがリニューアルでパワーダウン・失速か?

育毛剤ブブカと同時にサプリメントもリニューアルしています。そして名前も「ブブカサプリ・ザ・エンザイム」と改名しました。

ヤル気満々といった印象ですが、どうも内容が付いてこなかったみたいなんです。

ノコギリヤシの配合取りやめで抜け毛対策が弱体化

ブブカサプリは、リニューアルでノコギリヤシの配合を止めてしまいました。ノコギリヤシは、育毛サプリのDHT対策には欠かせない成分なのに。

ノコギリヤシの効果については実証試験で確認されています。

ノコギリヤシ320㎎を2年間投与した結果、38%の人に効果が見られたとされます。並行して医薬品のフィナステリドを使った結果は、68%の改善でした

出典元:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23298508

ノコギリヤシは、医薬品の半分強の効果を持つ天然成分なんです。

このような、脱毛防止効果が確認された成分を配合しないとは、育毛サプリの機能上非常に大きな損失。これは何とも理解しにくい判断ですよね~。

せっかくのリニューアルですが、その意図は何なのでしょう。配合成分の中身は菌類・麹・酵素など消化吸収を助けるものばかりが目立ちます。

もう育毛サプリではなくなりました。ただの健康食品になるためのリニューアルだったんでしょうか?

ちなみに、イクオスサプリEXには、上記実証試験で使われたノコギリヤシ320㎎とほぼ同じ300㎎を配合しています。

ブブカサプリでは成分の配合量が非公開になった

もともとブブカサプリの主な成分については、配合量が公表されていました。非公開のサプリもある中で、公開する姿勢には好感を持っていたんですけどね。

ところが、リニューアルを機に非公開になりました。退行ともいえる措置なので、残念なことではあります。

成分の中には亜鉛や各種ビタミン類など、配合量が効果に大きく影響するものもあることだし、今からでも公開を復活させてはどうなんでしょう。?

配合量の非公開は、「もしかして濃度が薄いんじゃない?」など余計な疑惑のもとにもなりますし。

イクオスサプリEXは、主要成分の配合量を公開しています。その量の多さでさらに好感度がアップしました。

今回のリニューアルで大きく変わったブブカサプリ。もうイクオスサプリEXとは別のカテゴリーの商品になった気がします。

次はお得な購入方法が使えるかについての検証です

ブブカを定期コースで買ってもあまりお得じゃない理由

ブブカサプリはちょっと残念な印象でしたが、購入方法でも、何だかな~と思ってしまいます。あまりお得感がない定期コースだったりするんです。

定期コースの購入にこだわる理由は?

育毛剤は長期間続けて続けて使うもの。毎月なくなるたびに注文するのは面倒です。定期コースは安くて手間いらずなので、大多数の人が利用するでしょうね。

少なくとも3ヵ月から半年ほど使わないと、目に見える効果が出ないというのが常識。育毛剤は1回や2回買って、結果がわかるものではありません。

半年とか、それ以上の単位で買い続けるのが普通なので、より安く買って費用を抑えようと、多くが定期コースを選びます。

ところが困ったことに、ブブカゼロにはそんなにお得感はないんです。

ブブカゼロのメリットが出にくい定期コースの設定

ブブカゼロはリニューアルで飛躍的に進化しました。魅力的な育毛剤になったブブカゼロを買おうとして、定期コースを選びます。

すると、必ずブブカサプリ・ザ・エンザイムが付いてくるんです。

このサプリ、先ほど検証した通り育毛サプリとは言えません。これはいらないから育毛剤だけ定期コースで買おうとしても、それはダメな設定なんですね。

欲しくもない商品を「抱き合わせ」で買わなくてはいけない。すると、お得感・満足感とは逆の、損した感が生まれます。

このおかげで、進化したブブカゼロの魅力が薄れることに。サプリがブブカゼロの価値を下げてしまっているんです。

ブブカゼロの定期コースは決して安くはない

そして、定期コースで買うことにしても、お約束のはずのお得な値段ではないんですよね~。

ブブカゼロ イクオス
単品都度購入 12,960円 9,698円
単品定期 6,458円
2本セット 12,312円
3本セット 11,664円 7,848円
6本セット 11,016円
1本定期(サプリ付) 11,664円 7,538円

定期コースはサプリ付きしかなく、その値段は11,664円。イクオスのサプリ付き定期の7,538円と比べると、決して安いとはいえないレベルです。

サプリなしにこだわると、6本セット1本当りが11,016円と、気持ちだけ安くなります。単品都度購入が12,960円なので、割引率は低いですね。

さらに、まとめ買いには全額返金制度がありません。6本で66,096円も払って、頭皮に合わなかったら悲惨です。これではリスクが大きすぎ。手は出しにくいです。

ブブカの価格・購入方法の設定を見ると、サプリ付き以外を選びにくくしているように思えます。サプリ付きで売りたいという、販売元の意向が見えてしまってます。

ブブカは高品質の育毛剤なのにブレーキが効きすぎ

ブブカゼロ自体は優れた育毛剤です。でも、買おうとすると、販売元のオススメ手法が障害物になるんです。これでは競争力にブレーキをかけています。

なぜサプリが健康サプリになったんでしょう。そしてその商品力が弱いサプリ付きになぜこだわるんでしょうね。

育毛剤の基本になる1本定期を買いやすくすれば、ブブカゼロの魅力が生かせるように思えますけどね。

現状では、定期コースはイクオス&サプリの一択です。

まとめ・ブブカゼロはイクオスに追いつけ追い越せ

リニューアルでブブカは変身しました。配合成分数を大幅に増やし、薄毛の対応力が大幅アップ。成分的にはかなり優位だといえるでしょう。

でも、同時にリニューアルしたサプリが疑問です。内容が一変して、育毛サプリとも思えない商品になりました。ブブカゼロとのセットでは、これが重荷にも。

そして、このサプリ付きコースを強力に推す販売方法も少々疑問ですね。せめて育毛剤だけの定期コースは必要でしょう。

この逆を行くのがイクオスです。成分数こそブブカゼロに負けますが、優れたイクオス育毛剤と、最強のイクオスサプリEXの組み合わせはコスパも最高。

これは、ブブカの次回リニューアルまで一択のおすすめが続きそうです。